お遍路さんの基礎知識

現在表示しているページは
HOME > 霊場ツアー > お遍路さんの基礎知識

お遍路さんの基礎知識

服装と巡拝用品・・・なんと言ってもまず格好から。

服装 白衣(はくい) お遍路さんのユニフォームです
金剛杖(こんごうづえ) 同行二人のもうひとり、お大師様の分身です
輪袈裟(わげさ) 略式の袈裟。お遍路さんの正装には欠かせないもの
菅笠(すげがさ) 日よけや雨具としてもつかえます。
頭陀袋(ずだぶくろ) 先行、ロウソク、お賽銭など巡礼用品などをいれます
トレパン・シューズ どちらも履きなれたものがよいでしょう
 
お参りに必要なもの 数珠(じゅず) 煩悩を消すためのアイテム。場合によっては念珠ともいう
納め札(おさめふだ) 巡礼の証として、本堂・大師堂に納めます
納経品(のうきょう) 幅・帳面・白衣とある参拝の印として朱印をいただく
お経本(きょうぼん) 読経の時に必要。できれば四国霊場用がよいでしょう。
線香(せんこう)
ロウソク(ろうそく)
お賽銭(さいせん) * 上記はお寺の売店などでも手に入ります。
 
日用品・その他 着替え 下着・靴下・寝巻きなど、必要な分だけでよいでしょう
洗面用具 歯ブラシ・石鹸・タオル・ティッシュなど
常備薬 救急用品・酔い止めなど
雨具 傘よりはレインコートの方がオススメ
筆記用具
ガイドブック
おやつ

知っておきたいお四国さんのお参りの仕方

1:山門にて・・・合唱し、本堂に向かって一礼。 2:水屋にて・・・口をすすぎ手を洗い清めます。 3:鐘桜にて・・・鐘をつく。参拝後につくのは戻り鐘といって縁起が悪いので× 4:本堂にて・・・納め札、写経、お賽銭を納め、線香、ロウソクをあげる。合唱して読経します。 5:大師堂にて・・・本堂と同じ様にお参りします。 6:納経所にて・・・お参りの印としてご朱印を頂きます。

  1. 山門にて・・・合掌し、本堂に向かって一礼。
  2. 水屋にて・・・口をすすぎ手を洗い清めます。
  3. 鐘桜にて・・・鐘をつく。参拝後につくのは戻り鐘といって縁起が悪いので×。
  4. 本堂にて・・・納め札、写経、お賽銭を納め、線香、ロウソクをあげる。合唱して読経します。
    ■読経例
    1. 合唱礼拝<胸の前で合唱し三礼しながら>
    2. 開経偈(かいきょうげ) 一返
    3. 般若心経(はんにゃしんぎょう) 一巻
    4. 御本尊真言(ごほんぞんしんごん) 三巻
    5. 南無大師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう) 三返
    6. 合唱一礼
  5. 大師堂にて・・・本堂と同じ様にお参りします。
  6. 納経所にて・・・お参りの印としてご朱印を頂きます。

これだけは守ってほしいお遍路さんのマナー
  1. 橋の上では金剛杖は突かない事
    ※ お大師様が四国行脚の中、橋の下で野宿をしたことから。
  2. 地元の方から頂いた「お接待」は快く頂きましょう。
  3. ゆずりあい・助け合いの精神で。
  4. すれ違うお遍路さんとは必ず挨拶を交わしましょう。

  • お問い合わせはこちら
  • トラベルサポート

    高速バスチケット・JR券・航空券の予約お申し込みから発券までお手伝いさせていただきます。
    お気軽にお申し付け下さい。
  • Cafe’s 〜コウノトリ〜大川バスのBlog日記
  • 大川バスモバイルサイト
大川バスグループ
  • 大川バス
  • 琴参バス
  • 屋島観光バス
  • 大川タクシー
  • 屋島自動車学校
  • 大川オアシス

ページトップへ